レバレッジ

低レバレッジなら安心??

国内ではありえないレバレッジを提供しているXM.COM

レバレッジの考え方とトレードへの活かし方をお伝えします。

レバレッジとは

簡単にいえば、ハイレバレッジであればあるほど、少ない資金で大きな金額の取引ができる。ということです。

これを、資金が少ないのに大きな損失を被る可能性があると捉えている人が多い気がします。

国内口座では、場合によっては、そういうケースもあるのかもしれません。だからなのか、そういった心理に訴えかけるように『安心な低レバレッジのトレード』を推奨する記事が目立ちます。

低レバレッジが安心安全で、ハイレバレッジが危険というのは本当か。

まずはレバレッジの計算方法から見ていきます。

 

レバレッジの計算

今、国内外問わず、少量の取引ができる業者が増えています。少し前までは、10,000通貨がスタンダードだった気がします。少し新しいところで1,000通貨から取引できます。みたいな業者が出てきた印象。でした。

ですが、今は1通貨から取引できる業者もあるようで。

デモトレードとリアルトレードの扱いに関する見解は、コチラで書いた通りなので、1通貨の取引どころか、1,000通貨の取引さえ、誰のためのものなのかわからないのですが、利用する方はいらっしゃるようです。

需要があるから、そういった商品を提供する業者がいるのでしょうからね。

 

ここでは、10,000通貨をスタンダードとして、レバレッジの計算について書いていきます。

例えば、1ドル100円の場合。
これを10,000通貨で取引するために必要な資金は、いくらでしょうか。

レバレッジの計算というのは、

取引額÷入金額 です。入金額を必要証拠金額と間違えないように注意しましょう。

 

10,000通貨というのは、10,000ドルということになりますので、これを円換算すると、

100円×10,000通貨=1,000,000円  です。

仮に、国内業者の最大レバレッジ25倍で取引を行うとすると、

1,000,000円÷25倍=40,000円

ということで、最低40,000円の資金が必要になります。

ですが、実際に取引を行うためには、100%以上の証拠金が必要になりますので、40,000円以上を口座に入れておく必要があります。

仮に50,000円を入金して10,000通貨の取引(=トレード)を行えば、レバレッジは20倍ということになります。

結局、必要証拠金以上の金額を口座に入金しておかなければ取引はできません。

 

FXにおいて考えられる損失とは

では、国内口座での実際の取引において、損失についてはどのように考えれば良いのでしょうか。

上の例のように、50,000円を入金して、1ドル100円の時に10,000通貨の取引を行ったとします。この時点で、必要証拠金は40,000円ですから。余剰金は10,000円です。では、最大の損失は10,000円で済むのかというと、実際はそうでもありません。

例えば、買ったそばから値が上昇して、50pips利が乗れば+5000円です。この場合は問題ありません。逆に50pips下落すれば-5000円です。それでも決済しなければ5,000円の含み損ですから、口座の有効な資金は45,000円になります。ただ、ドル円の値も下がっているので、必要証拠金額も多少ですが、下がります。

この場合の必要証拠金は、

99.500円×10,000通貨=995,000円

995,000÷25=39,800円

更に、この場合の証拠金維持率は

45,000円÷39,800円×100=113%

です。

因みに、この証拠金維持率が100%を下回ると、追加証拠金を入金しなければ、業者の指定の時間で強制的に決済されます。ニューヨークのクローズ時間であることが多いです。さらに、証拠金維持率が50%(業者によっては30%のところもあります。)を下回ると、その時点で強制決済(強制ロスカット)されます。

つまり、最大の損失額は、強制ロスカット時点の損失になるということです。

 

 

今回の例で考えると、上図のEの時点で‐25000円ですから、口座内の有効な資金は

50,000円-25,000円=25,000円

です。

1ドル97.500の時、必要証拠金は、

97.500×10,000通貨=975,000円

975,000円÷25=39,000円

です。

この時、証拠金維持率は、

25,000円÷39,000円×100=64%

です。

まだ損失出せますね。(笑)

 

Fの時点では、-30,000円ですから、口座内の有効な資金は

50,000円-30,000円=20,000円

です。

必要証拠金は、

97.000×10,000通貨=970,000円

970,000円÷25=38,800円

です。

証拠金維持率は、

20,000円÷38,800円×100=51.5%

です。

30,000円を超える含み損を抱えたところで、ようやくそろそろ強制ロスカットですね。

 

低レバレッジでも最大損失は大きい

強制ロスカットされるケースというのは、ほとんどの場合が重要な指標等で大きく値が動くときです。

普通は、追加証拠金が要求され、それに応じない時点での強制決済となります。

追証に応じない際の強制決済は、前述のとおり、業者によって指定された時間帯において執行されますので、その時間までに強制ロスカットされるほど含み損が膨れ上がるというのは、よほど大きな値動きがあるタイミングです。

 

これを踏まえたうえで、先ほどの計算に話を戻しますが、
低レバレッジでも損失はさほど限定されないということがわかります。

むしろ、ここはかなり大事なところですが、

低レバレッジの取引を行うということは、必要証拠金を大きく上回る資金を口座に入金しておくということです。

仮に10万の入金で先ほどの取引を行えばレバレッジは10倍です。ですが、追証が発生するまでの許容できる損失額も大きくなりますし、同時に強制ロスカットまでの損失額も当然大きくなります。

要は、入金額が大きければ大きな含み損に耐えられるということです。

で、いよいよ耐えられなくなったところで強制的にロスカットされます。

 

これでも低レバレッジの方が安心だと思えますか。

 

XM口座の開設はコチラ↓ ↓ ↓

 

ハイレバレッジのリスク

主に国内業者のレバレッジを例にして考えられる損失額を計算してみました。

結果、低レバレッジであっても、許容できる含み損の額が大きくなるだけで、決して損失を小さく抑えられるわけではないことがお分かりいただけたかと思います。

逆に、XM.COMでのハイレバレッジトレードは、意外と損失が限定できるうえに少ない資金量で大きなトレードを行うことができます。

 

XM.COMを最大限利用してやりましょう

XM.COMで、1ドル100円のときに、10,000通貨を扱うためには、

1,000,000円÷888倍=11.26円

です。12円あれば取引できます。(笑)

でも、12円ではダメです。そもそもXM.COMは最低入金額10,000円です。(笑)

 

10,000円入金すれば10,000円分のボーナスが付与されますので、20,000円分の取引を行うことができます。

20,000円分あれば、5万通貨の取引くらい問題ありません。

XM.COMの場合、5万通貨の取引に必要な証拠金は、

5,000,000円÷888≒5680円

です。

5万通貨だと1pipsで500円動きますので、10pipsの逆行を想定したとして5000円の含み損。余裕です。

一度負けたとしても、口座内には15000円分残っていますから、あと二回は5万通貨でトレードすることができます。増やしていくことを考えると、当然ですが二勝一敗くらいの勝率は欲しいところです。

口座内の資金がボーナスのみになったとしても、トレードは続けられます。

繰り返しますが、入金額以上の損失を被ることはありません。

 

また、15,000円の入金で5万通貨を扱う話をしましたので、当然ではありますが、15,000円も入金すれば1万通貨を扱うこともできます。

国内口座ではできません。ですが、XM.COMなら少ない入金で国内口座と同様のトレードを行うことができるわけです。

少ない入金で済むということは、その時点で損失額が限定されます。

 

XM.COMを利用するうえでの注意点

スプレッドが大きいことを考えて、取引量と扱う通貨ペアと仕掛けのタイミングを調整しましょう。

どれだけの損失をそのトレードで許容するか。必ず事前に負けを想定します。そのうえで、上記のような検討をします。

一発で吹っ飛んでもいいならいいですが、勝率が6割くらいなら、一度は負けることを想定するべきです。負けても次のトレードが行えるのなら、そこで取り返せるはずです。これが吹っ飛んでもう一度入金からということになると、トレードを継続していく感じがつかめないと思います。

トレードは一発で大金をつかむものではありません。稀にそういう人がいますが、稀だと思いますし、本当に偶然のようなもので、きっと狙ってはできないでしょう。それを狙うには度々負ける必要があるでしょうし、それを考えるとトータルでどうなんでしょう。

そういった計算のもと、そのトレードを戦略的に継続させるならいいのかもしれませんが・・・。

 

あくまでも、このサイトでは、継続して利益を積み重ねていくことを念頭にしています。あしからず。

そのうえで、できるだけ資金効率よく、期間を短縮して利を積んでいきましょう。というスタイルです。

そのスタイルでいくと、XM.COMほど使い勝手の良いブローカーはない

 

是非、試してみてください。