逆張りについて

逆張りとは

逆張りは、相場が行き過ぎたときの反対を狙う投資手法です。「行きすぎれば戻る」という考え方が根底にあります。

最大のメリットは相場の方向に左右されないということです。相場が下落トレンドであっても、一方的に下がり続けるわけではありません、小さい上昇と下落を繰り返しながら下がっていきますので、下落の最中に「行きすぎて下げたとき」に買うことができれば、いったんは反発する確率が高いといえます。

参照:ケンミレ株式情報(http://www.miller.co.jp/report/wakaru/20130124.html)

GOOGLEで『逆張りとは』で検索した時に今現在一位で表示されるサイトでの解説です。

私もだいたいは同じような認識でいます。

 

ただ、一つ違うことは、『行きすぎから戻るところを拾おう』とは考えていません。

だいたいが、『行きすぎ』をどのように計るのでしょうか。

よく使われるのが移動平均乖離率かと思います。
設定した移動平均線との乖離を見るインジケーターですが、これだって相場に勢いがあるときは使い物になりません。行き過ぎからさらに行きすぎることが多々あります。

ボリンジャーバンドの3σも同様です。

3σの中で動く確率は驚異の99.7%らしいですが、相場に勢いがあるときはその限りではありません。

ましてやボリンジャーバンドは相場の流れで形を変えていきます。

この勢いの強さはインジケーターでは計れないのです。

 

話をもとに戻しますが、相場の行き過ぎを捉えることはできません。

ですから、逆張りをそのように認識している方は、改めた方が良いです。

 

例を出します。

ちょうど今(2018.01.22)、アメリカのダウ平均が上昇を続けています。

これは、US30の月足ですが、とんでもない勢いで高値を更新し続けていることがわかります。

オシレーターは天井に張り付きっぱなしです。

明らかに買われ過ぎ、行き過ぎでしょう。

逆張りを『行き過ぎからの戻りを拾うこと』と定義すれば、この状態から売ることになるのでしょうが、これほど危険なことはありません。

 

 直近の流れに逆らって売買する。

逆張りというのは単純に、『直近の流れに逆らって売買する。』これだけです。

行き過ぎ云々ではありません。

むしろ、行き過ぎているような相場では、静観した方が良いのが逆張りです。

 

直近で上げてきていれば、売って利益を得る。

直近で下げてきていれば、買って利益を得る。

 

ただ、これだけです。

 

ですが、どの時間軸で『直近』と考えるかによって見るべき時間軸が変わってきます。

 

トレードは常にMTF(複数時間足)分析

例えば、今のポンド円を見てみましょう。

これ、私が今売ろうとしている通貨ペアです。

まずは週足ですが、

下落の大きな流れが一服して調整中のように見えます。

ペナント作って再度下方向へチャレンジと見るときれいですね。

ですから、この大きな週足で見ると、まだ下方向へのトレードが順方向と考えられます。

次に日足です。

高値も安値も切り上げていっていますので、これは上方向の流れでしょう。

ここで売るのは逆方向へのトレードになりますから、逆張りです。

次は、5分足を見てみます。

ん~・・・ですね。(笑)

一応直近で見ると上方向ですかね。

ただ、こういうのはワンサイズ縮小してみると、

こうなりますから、こうなるとますますはっきりしない印象です。

最後に1分足です。

これははっきりと上方向ですね。

これに対して売るトレードは逆張りです。

 

まとめると、

  • 週足に対しては順張り
  • 日足に対しては逆張り
  • 5分足に対しては一応逆張り
  • 1分足に対しては逆張り

と、なります。

 

で、週足を見てスイングトレードをしていくなら、順張りといえるでしょう。戻り売りですね。大きな流れに戻るのを狙ったトレードです。

日足の動きに対して行うトレードなら、逆張りです。

私の場合、基本的には最終的には1分足の流れに対してトレードしていきますので、今回の場合、逆張りになります。

直近が上げてきているところに対して売っていきますので。

 

というように、一口に順張り逆張りといっても、見ている時間足や狙っているトレードのスパンによって順も逆も変わってくるということです。

つまり、順だろうが逆だろうがどっちでもいいのです。

 

トレードを考えていくときに便宜的に使っているという程度の認識で構わないのです。

 

逆張りの危機を回避する。

先ほどのUS30のようなチャートで売ろうとするとかなり危険であるということはよくわかると思います。

今はかなり強い上昇の局面で、どこまで伸びていくのかはっきりしません。

繰り返しますが、オシレーターやボリバンではこのような勢いがどこで止まるかは計れません。

 

逆張りで注意すべきはこういった局面です。裏を返せば、こういった局面さえ回避してしまえば、利益を積み重ねることができます。

見比べてみてください。

上昇の仕方が全然違います。

上のチャートの方は異常な上がり方です。

これを異常な上がり方であり、どこまで行くかわからない。という見方ができるかどうかは、どれだけチャートを見てきたかによります。

こういった動きの違いは、1分足や5分足など短い時間足でも同様です。

私の場合、直近の動きに対して逆方向のトレードを狙っていきますので、PRZに入ってきてからは、1分足や5分足のチャートを注視します。

例えば、

こういっただらだらと一定のリズムで下げ続けているような局面ではトレードをしません。

こういった動きが続いている場合は、いったん距離を置いて静観し、この流れが終わるのを待ちます。

例えば、

緑の矢印のような動きです。

このチャートでは横に動いてそのまま上昇していってしまいましたが、緑の矢印の動き方であれば、5分足でもダブルボトムであり、市場のコンセンサスが生まれやすくなります。

なぜ緑の矢印であれば狙っていけるのかというと、それまでの波の大きさ(一定のリズム)を崩し、一回り大きな波が直前の高値を超えているからです。

これをみて、今までの流れ(一定のリズム)は変わったと判断します。

もちろん、その後も下落が継続していく可能性は排除できませんので、丁寧にRCIを見て仕掛けるか見送るかの最終判断をします。

そして、少しの反応(私の場合だいたい10~20pips)を抜いて逃げます。

 

まとめ

私のトレードは、直近の流れに対して逆方向なので、便宜的に逆張りだと書いていますが、順張りか逆張りかは重要ではありません。

あらゆる時間足を見ていくと、ある時間足では順張りだけどまたある時間足では逆張りであるという状態ばかりです。

大切なことは、自分が何を狙って、どんな動きの中でトレードを行おうとしているのかをしっかりと把握しているかということです。

そして、オシレーターに頼らず逆張りでは痛い目を見やすい局面を判断することができるようになれば、大きな損失や連敗は回避しやすくなります。

ただ、全ての負けを排除することはできませんので、清濁併せ吞む意識を持ちましょう。

 

そして、値の反応が取りやすいPRZの算出は、ハーモニックを習得した人の武器です。

しっかり習得して、値が反応しやすいゾーンまで待つトレードを自分のものにしてください。

必ず勝てます。